つぐもも

つぐもも 15巻 奏歌の過去編!心がない女の子だった?奏歌と桐葉の出会い!(ネタバレ・感想)

つぐもも 15巻 表紙は少女時代の奏歌!

この巻から物語の核心に触れていきます

では つぐもも 15巻 ネタバレ 感想

 

あらすじ

 

第72話 奏歌と桐葉1

奏歌の子供時代

奏歌 家族を『火前坊』という妖魔に殺されていた

だが何も感じない奏歌 そのままつづら殿にスカウトされる

↑奏歌 軽いノリの娘かと思いきや

子供時代は感情が希薄な子だったようです

 

奏歌  『すそはらい』の修行を始めるが 周りの子からもイジめられ 成績も芳しくない様子

だが本人は気にしていない

央菜に期待されている奏歌 『成績優秀者』として選ばれ 帯の付喪神『桐葉』との仮契約を交わす

↑修行風景 トマト(?)を投げつけるとか何てもったいない・・・!

 

第73話 奏歌と桐葉2

桐葉の過去

桐葉 元々は『花見谷 縫』という女性の持ち主だった

縫が寿命で亡くなった後 遺言でつづら殿へ そのまま奏歌と仮契約に

↑桐葉「闘いは得意ではないが・・・」

当初はそういった心持ちだったのですね バリバリ戦闘得意なイメージでした

 

奏歌 桐葉と特訓 もう少しでなにか掴めそうとの事

その時 すそはらいの昇格試験が行われる そこで雑妖退治の任務を果たせば晴れてすそはらいに

順調に討伐していたところ かつて奏歌の家族を殺した『火前坊』が現れる

↑『簡単な任務かと思ったら難度が大幅に高い任務だった』

マンガあるある

 

第74話 奏歌と桐葉3

生徒達 『火前坊』を討伐しようとするが返り討ち

見張りに付いていた教師も参加

↑行灯(あんどん)とはまたマニアックな・・・

 

教師ですら太刀打ち出来ないレベル

絶体絶命のピンチかと思いきや 奏歌が覚醒 そのまま火前坊を討伐

それから皆に笑顔を見せるように

↑守りたい この無邪気な笑顔

奏歌に足りないのはスリルだったようです

 

第75話 任地上岡1

奏歌 通常の任務ではスリルが物足りなくなってしまう

そこで全国屈指の高難度怪異発生地『上岡』に派遣される事を望む

↑主人公の一也 そんな場所で怪異の調伏をしてたのか・・・(涙)

しかも初心者時代から・・・(涙)

 

奏歌 上岡に向かうと 前任者の『獅子崎信九朗』が交代を阻む

実力のあるほうが上岡のすそはらいに就く事に

↑見るからに暑苦しい男 嫌いじゃないぜ

 

↑付喪神は『兜』 更に暑苦しくなりやがったぜ

 

第76話 任地上岡2

獅子崎の能力は相手の攻撃を再現できる

奏歌 スリルを楽しむため あえて桐葉を仕舞い 素手だけで獅子崎を倒す

↑奏歌つぇぇ・・・しかもどんどん成長している

大人の奏歌が強いのに納得しました

 

獅子崎 「交代したくない」と菊理に泣きつくが

桐葉 菊理を脱がせ 獅子崎を納得させる

↑桐葉と菊理 初対面でこんな関係でした

桐葉 菊理に殺されても文句は言えないのでは・・・(心配)

ここまで

 

全体の感想

奏歌と桐葉の過去編でした!

奏歌 今までは『のんびりお母さん』というイメージだったのですが

 

まさかスリルを楽しむクレイジーな人間だったとは・・・!

 

意外すぎる一面がとても面白かったです

ここから一也がどう関わってくるのか?どうして奏歌は死んでしまう事になるのか?

楽しみにしていきまっしょい

 

 

 

 

意外すぎるサービスシーン

 

 

 

 

つづら殿の先生方も脱がすとは!巨乳がたくさん(はぁはぁ)

作者様 女は全て脱がす方針のようです ・・・ありがとうございます!(感謝)

-つぐもも

記事のシェアや登録はコチラから!