3月のライオン

3月のライオン 13巻【1/2】 林田先生 あかりに惚れる!ライバルは島田八段(ネタバレ)

3月のライオン 13巻 表紙は将棋の棋士達

今巻は二階堂が大活躍 しっかりセンター飾ってますね

では 3月のライオン 13巻【1/2】前半 ネタバレ 感想

 

Chapter.127 遠い花火

林田先生 あかりに恋わずらい 島田に嫉妬しヤキモキ

そこであかりに会いに銀座の店に行くが 島田とバッタリ出会う

↑面倒見が良い林田先生 家庭的なあかりさん

相性は良さそうですが 果たして(ワクワク)

 

Chapter.128 銀座

林田先生 島田のカッコ良さが眩しく見えて ついつい飲みすぎてしまう

目が覚めると島田の家に

島田「じゃあ俺はウイスキー水割りで 薄めでお願いします ああ 日本のヤツで適当に・・・」

カッコイイ酒の頼み方 私も真似しよう・・・

 

Chapter.129 風の2万空里①

東陽オープントーナメント

二階堂 宗谷名人と対戦出来るかもしれないと昂揚する

二階堂「あ・・・いや なんというか すまん 負けん気だけはたぎらせとかないとなって・・・ハハ・・・」

いつもビッグマウスな二階堂がこのセリフ どれだけ宗谷との対戦に意気込んでるかがわかります

 

林田先生 野口に銀座の店で飲みすぎてしまった事を愚痴る

支払いは島田に任せてしまった様子

林田「幾らでしたか?払います!!」

島田「ま 次は先生のおごりって事で」

いちいちカッコ良すぎるんだよぉぉぉぉ

 

Chapter.130 真夏の底

あかり 林田先生と島田が支えてくれた夏祭りを思い出す

だが父親の影響で 『人を好きになる』事に怯えていた

妻子捨男め・・・!

トラウマを振り切って あかりさんには幸せになってほしいなぁ

 

Chapter.131 風の2万空里②

二階堂 宗谷と対局出来るかもしれないとウッキウキ

二階堂「不思議だ 彼を見るといつも 世界から音が消える」

桐山と同じ感想ですね サイレント宗谷

 

Chapter.132 風の2万空里③

東陽オープントーナメント 開幕

二階堂vs岳人

二階堂 研究と作戦がハマり岳人に勝利

↑持久戦が苦手な二階堂

けれど東陽トーナメントは早指しの戦い 二階堂にピッタリ

 

なお 桐山は『いい辻井さん』に敗北

田中さんは宗谷に敗北

島田「いい辻井さんの時は宗谷名人すらふっ飛ばしたりするくらいだからな・・・」

辻井さん ポテンシャル最強説

 

田中「(スミス・・・全くもって歯が立たん!!いっそ清々しいくらいだよ!!スミス君!)」

心で語りかけるのホント好き

 

前半はここまで

 

全体の感想

あかりさん 島田さん 林田先生の恋模様・・・

めちゃめちゃ続きが気になります

 

個人的には林田先生を応援したくなりますが

ライバル多いからなぁ・・・

 

・・・というか 中年男子達 ほとんどあかりさんに惚れてるのでは

↑林田先生 この競争率で生き残れるか・・・?

 

よっぽど人を惹きつける魅力がある様子

ただ 父親のせいで恋に臆病になってるところが泣ける・・・

それを救えるのが誰なのか 気になるところです

 

 

続きは二階堂vs宗谷から!

この対局も熱いっす

-3月のライオン

記事のシェアや登録はコチラから!